上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夢が無い、
夢がある人はうらやましい、
どうやって夢を見つけたらいのか分からない、
そんな事をよく耳にする。

ここでは僕の経験で得た、
夢を見つける方法を書こうと思う。

夢を見つける方法、
それは、
現在自分がやっている事、
少しでも興味のある事、
そんな中から1つだけを選び、
それに対して精一杯、
時間のほとんどをそのことに割いて5年間やり続けることだ。

そうすれば、
必ず夢は見つかっている。

やり続けたことが夢になっているかもしれないし、
まったく別の夢が訪問してくるかもしれない。

ただ、
1つ言える事は、
夢を見つけた時は、
半端な感情ではなく、
”とうとう見つけた!”
という感情とともに夢が訪れるということだ。

だから、
その感情とともに夢を発見したなら、
その夢に向かって突き進むのだ。

夢を見つけるために5年間精一杯やり続けることとして、
一番簡単なのは、今、目の前にある仕事だと思う。

僕も仕事をガムシャラにやっていた頃は、
朝出勤して終電近くまで仕事をし、
週1の休みも返上して出勤していた。
体がついてこなくて血尿が出ていた頃もあったけど、
そんな時も、
午前中は病院に行って抗生物質をもらい、
午後から出勤していた。

仕事が面白くない、
という意見をたまに聞いたりするけど、
多分、そういう人は、
本気で仕事に取り組んでいない人だと思う。

本気で仕事に取り組めば、
仕事は遊びのようで、
とても面白い。

だからそこ、
これを読んでいて夢を発見しようともがいている人がいたら、
今、目の前にあるものが夢と直結しない、
と分かっていても、
だまされたと思って5年間、
目の前にあることと向き合って、
死に物狂いで取り組んでみて欲しい。

そうすると、
5年後には夢を見つけているだろう。

そして、
大事なのは夢を発見したり、
夢を叶えた後のことだ。

中には、
それで安心して走るスピードを弱める人がいる。

しかし、
それは違う!
そういう人は、また、感情のカオスの中に落ち込んで行ってしまう。

本当は、
今までが助走なのだ。

夢を発見したのならその夢に向かって、
夢を叶えたのならその次の夢に向かって、
更にエンジンに火を入れて加速して走らなければならない。

更に加速するというのは難しそうに聞こえるかもしれないが、
そんなに難しいことではない。

一番力が必要なのは停止しているボールを動かす時だ。
ボールが一度転がりだすと、
あとは少し力を加えてやるだけでどんどん加速して転がりだしてくれる。

それが人生だ!
と思う。

スミ
スポンサーサイト
プロフィール

pasichigare

Author:pasichigare
パシチガレ・ムビラズ
Pasichigare Mbiras
アフリカ南部ジンバブエ、ショナ族の民族楽器「ムビラ」の伝統(パシチガレ)を修行し 受け継ぐムビラバンド。天才ムビラ奏者・職人ガリカイ・ティリコティ」のDNAを受け継ぐショナ人トンデライ(マズィタテグル)、それぞれ世界を放浪した末にジンバブエでムビラに出会い、旅を終えた日本人のマサ(ムビラ・ジャカナカ)、スミ(マズィタテグル)、コーイチをメンバーとする。ムビラとは、その演奏によって祖先の霊を降ろすシャーマニズムの儀式に使われる聖なる楽器。日本人、ジンバブエ人双方のルーツを大事に、ムビラ音楽の中でともに踊り、歌い、無の境地に誘い 、魂(スピリット)を感じられる音楽を目指す。現在東京吉祥寺「アフリカ大陸」にてレギュラー出演中。

検索フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。