FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月26日(日)、日本での最後のライブを吉祥寺アフリカ大陸で行いました。
2月末にジンバブエ移住を決意して帰国したとき、多分私は最後の日本でのライブでは涙してしまう、と思っていました。
仕事も友人も家族もムビラ仲間も、日本に置いていかなければならないものがとても大きく思えていた。
でも、ムビラサミットでも、今日のライブでも、不思議と寂しくなかったんですよね。
メンバーが減ってしまうパシチガレのメンバーや、これまでムビラを習ってくれた生徒さん、お客様などに、大変な迷惑と心配をかけている申し訳なさはあります。
でも、この喪失感の少なさはなんでしょう。
今日も、今ここでパシチガレ・ムビラズのメンバーとこの音楽が作れて、お客さんの踊っている中に入られて、「幸せ」という思いで一杯だった。
ムビラはそれぞれのスピリットをつなげます。
ムビラを弾く限り、私とパシチガレのメンバーとも、ムビラを愛してくれる日本の皆さんとも、もっと深くつながり会える、そんな風に思えています。
私は、もっとムビラを深く感じたいから、もっとムビラを日本にも世界にも広げたいからジンバブエに行くのです。
ムビラは、私の人生を変えてしまいましたね。

パシチガレ・ムビラズのメンバーから、手紙とお花をもらいまいました。
本当に、そんなサプライズなプレゼントを用意していたなんて、知らなかった。
女性を喜ばせるには、お花と手紙です。
この発案をしたのは、誰だ。やるな。
お客様からも、手紙と本をいただきました。
こんな私のムビラとジンバブエを愛する心に共感してくれて、ずっと応援してくれていてありがとうございます。
帰宅して、手紙やお花や本を見ていたら、ありがたくて涙がでました。
「帰ってきていいからね」と言ってくれるお客様と仲間たち。
何年も帰国しないぐらい長く住めることが私にとっては幸せなんだけど、ジンバブエという異文化の中で何があるか分からない。
帰る場所があるよと、言ってくれるその言葉もうれしかった。

パシチガレ・ムビラズは、残りの3人のメンバーとヘルプメンバーを時々入れながら活動を続けていきます。
これからもパシチガレ・ムビラズをよろしくお願いします。
次回のアフリカ大陸は7月24日です。

次に私が、日本でムビラを弾くのはいつのことだろう。
再会する日まで、ムビラ音楽を愛し続けてください。
そして、ジンバブエに来てくださいね。


DSC01542.jpg
スポンサーサイト
東アフリカ親指ピアノのグルーヴを日本中から一堂に集めた年一回の祭典ムビラサミットが6月18日に東京、浜松町アフリカレストラン カラバッシュで無事大盛り上がりの中、開催できました。
親指ピアノを生んだアフリカの魅力をより多くの人に伝えたいと思って続けてきたイベントですが、今年もバラエティーに富んだ親指ピアノの世界を紹介できたと思います。
そして、今回は収益の一部19600円を東日本大震災の復興のための義援金に回すこともできました。必ず関係者の手で直接被災地へ届け、後日その報告を皆様に報告したいと思います。

今回は、私ハヤシエリカが実行委員長でした。
ムビラサミットというイベントは、アフリカの楽器の中でも一般に知られていない親指ピアノをテーマにした、正直とてもマニアックなイベントだと思います。でも、第一回から皆勤賞のお客様、地方からわざわざ来てくださる方もいます。いつも安く場所を提供してくださる方、出店や広告スポンサーになってくださる方、ボランティアのような値段で毎回手伝ってくださる司会ヒラゲさんやデザイナー渡辺さん、PAの方々、そして受けつけボランティアの方、出演者の皆様も協力して盛り上げてくれました。
今年は委員長をしたせいか、例年以上に応援してくださる皆様への感謝の思いで一杯でした。

トップは、sageさん。
アフリカを意識することなく、感性のままに日本人の感覚で自作のカリンバを弾いてくれました。
雨や風、日本の四季を感じるカリンバで、和やかな雰囲気を作り出してくれました。

CUBATUMBAクバトゥンバ は、キューバ・アフリカ・ブラジル・沖縄などRoots Musicを求めた4人によるAfro Cuban Roots Band。マリンブラという大きな親指ピアノをbassに使っているため、ムビラサミットに来てもらったのですが、トレスギターの微妙なチューニング、グルーブあるパーカッション、哀愁とユーモアのある日本語、スペイン語、クレオール語混じった歌詞。実力ある演奏でした。
アフリカの田舎町にいそうな服装と雰囲気で、ムビラサミットに新しい風を吹き込んでくれました。

ズングーカ。「本日は、Zungooca航空をご利用いただき誠にありがとうございます」と始まった実行委員のメンバーコイケ龍一くん率いるスペースムビラバンド。
パイロットは田中慶一さん(打楽器、歌)は、去年も実はムビラトロンで出演してくれました。キャビンアテンダントはまろまろ店長(歌、低音親指ピアノ)の、バスムビラと高音の歌が効いていましたね。エレキムビラの強烈なさわり音と、メッセージ性あるユニークな日本語歌詞が、盛り上げてくれました。

ハクナターブ。vol3に続いて2回目の出演です。タンザニアにヒロコさんもダンサーのメンバーも通い続けて、ダンサーのメンバーも増えて、歌もボリューム出て、パワフルさが増しました。さすがアフリカに通い学び続け、伝統を伝え続けてきたパイオニア的存在伊藤ヒロコさん率いるグループ。
ヒロコさんには、2010年2月に第7回ザンジバル国際音楽祭(Sauti za Busara)に出演したときの様子も、レクチャートークで話してもらい、アフリカの音楽祭の熱気を伝えてもらいました。

レクチャートークでカラバッシュ店長の熊澤房弘さんに話してもらいました。
長くアフリカにかかわり、アフリカ全域をよく知った貴重な方です。カラバッシュという場を通して、これからも貴重な体験を料理にして、アフリカ文化を伝えてくださることでしょう。

最後に、私達パシチガレ・ムビラズ。
最初の曲から踊ってくださって、トンデライも「ジンバブエの儀式みたい」と大満足でした。皆さんが踊っている間は、ムビラは止めないのがルール。小さい子からみんな前に出て踊りまくってくれました。このまま1時間でも2時間でも弾いていたかったです。
ジンバブエのムビラを愛し、聖なる楽器ムビラの伝統を弾き続けたい4人の思いが一体となって、パシチガレ・ムビラズは結束固く活動してきました。スミが後で、vol4で出演してジンバブエに帰国後亡くなったパシパミレがどこかで私達を見ているような気がしたと言っていました。
ジンバブエの祖先の魂も、日本の魂もみんな見つめている思いがしたライブでした。

pasichigare2.jpg
pasichigare.jpg
2011年4月1日(金)~3日日)
アフリカンフェスティバルよこはま2011 http://africanfestyokohama.com/

3日間計5回ムビラワークショップをし、大勢の人にムビラに触れてもらいました。
4月2日のワークショップの時には、ムビラ・ジャカナカやハヤシエリカのムビラ教室の生徒さんによるネマムササの発表会もあり、ムビラの合奏の美しさを感じてもらえました。ムビラ教室をやってきて、こうやって多くの人とムビラの大合奏ができて人と繋がっていけることが、本当にうれしいです。
20110403.jpg

そして、4月2日のパシチガレ・ムビラズのライブ。
メンバーのトンデライがジンバブエから帰国できず不参加だったのですが、長くムビラを愛してくれて弾き続けてくれているりえさんが助っ人に入り、ホーショウとコーラスをしてくれました。
今回、スミ君が東日本大震災の復興へ向けて、「さあ行こう、一緒に行こう」「世界が日本を応援している」と日本語の歌詞を考えてくれて、最後の曲ネマムササに日本語でのメッセージを込められました。今の日本に、ムビラのような聖なる祈りの力を持った平和な楽器は必要なんだと、私は思うのです。
手を叩き、踊り、私達のバンドをいつも応援してくれる仲間が来てくれたことに、とても励まされました。いつもみんなありがとう。
20110402.jpg

今回のアフリカンフェスティバルよこはまは、震災の影響で多くのイベントが自粛するなか「私たちは苦難に立ち向かっている日本の友と共にいます。」と開催されました。本国から帰国要請があったガボンのミュージシャンが出席できなかったり、ナイジェリアやアンゴラなどいくつかの大使館は日本を去ったり、関西へ退避したりしてブースを空にしていました。原発事故の影響を色濃く感じました。
ライブの時には、毎回震災へのチャリティー募金も行われていました。
また、日本はアフリカに一番多くODAを出資してきた国で、アフリカ人はそのことを忘れていない。こんなとき、音楽で日本を支えたいから一緒にイベントをしないかと、声をかけてきたアフリカ人もいました。
3日には、実行委員長のコフィさんが「We love Africa.Let's go to Yokohama. 横浜から始めよう。アフリカのパワー」と歌を作ってくれて、みんなで歌いました。会場が一体化する熱い思いが詰まった歌でした。「毎年毎年、このアフリカンフェスティバルよこはまを開催して、アフリカのパワーと日本のパワーを合体させて行きたいんだ」コフィさんの気持ちに打たれます。

私たちは、コフィさんの構想段階から話を聞いていて、の2006年の第一回から毎回参加してきました。
横浜は私の故郷。このイベントが横浜に定着して、多くの人がアフリカの文化を知ってもらって世界の人々が一体となっていい社会を作っていけるといいなあ、と思います。
辛いとき、不安なときこそ、考えているだけではなく、行動して前に進んで今出来ることを、今をこの一瞬を大切にしていかなければ、と思わせてくれた素敵な3日間でした。

友人のひらげさんが録ってくれました。ありがとう。


エリカ
アフリカ大陸13周年記念&ムビラ忘年会を兼ねた、アフリカ大陸ライブにきてくださった皆さん、ありがとうございました。
そして、この1年応援してくれた皆さん、ありがとうございました。
今年は、1月から12月までパシチガレ・ムビラズは毎月アフリカ大陸でライブをさせてもらいました。一杯来てくれて息苦しいほど熱気の篭った日もあれば、メンバーよりお客が少ない日もありましたが、私達は自分達の音楽でスピリットと繋がった一体感を生み出せて、お客さんにもそれが伝われば、充実してパフォーマンスが出来たし、ちょっと一体感がかけた月には胸にもやっとしたものを残して、練習に励んだものです。
毎月来てくれた常連さんにも、アフリカ大陸で初めてムビラに出会った人にも、励まされ、一緒に音楽を作って来れました。そして、何より店長のフェンタさんには、いつも率先して踊っていただいて、盛り上げ、気使ってもらって、毎月暖かい気持ちでライブが出来ました。
13周年おめでとうございました。ずっと元気で、続けてください。
DSC00690.jpg

今日は、私から感謝を込めて、アップルパイを焼き、お客さんに配りました。
マクロビ風なので、砂糖や動物性は使っていない素朴な味です。美味しかったでしょうか。
お祝いなのでクラッカーを鳴らし、スパークリングワインで乾杯しました。
来年も、お祝いしましょう!!

後半は、パシチガレ・ムビラズのムビラ教室での生徒さんとムビラ弾ける人が集って、ネマムササ発表会です。今回は5人でしたが、もっと多くの人で弾きましょう。みんなのネマムササ、気持ちよかったです。
来年、4月1~3日で横浜アフリカンフェスティバルがあり、パシチガレ・ムビラズのライブもあります。その日に、またみんなの発表会を開催する予定ですので、もっと大勢の人数でネマムササ大合奏をしましょう。
皆さん、予定を空けておいてね。
DSC00689.jpg
1~3月まで、スミ、エリカ、トンデライのメンバーは、ジンバブエに行っているため、次回のアフリカ大陸は4月からです。
パシチガレ・ムビラズは、少し充電しますが、来春はパワーアップしているはずです。
楽しみに待っていてください。
来年もよろしくおねがいします。
昨日の浜松町カラバッシュでのライブ。
デゼを使用しないで、アンプを使用しての演奏は、なかなか好評でしたね。
いつも吉祥寺のアフリカ大陸のライブに来てくださる方も、全然雰囲気が違う、迫力があると違いに驚いていました。
すごくきれいにムビラの音が響く音響で、演奏しやすいいい雰囲気です。

ケニアのナイロビ在住の神戸先生が遊びに来てくださって、飛び入りでコンゴのリケンベを弾いてくれました。「魚をたらふく食べた」という曲のようで、淡々としたリズムの中にすごくグルーブのある土っぽくて、アフリカの雰囲気がにじみ出た演奏で、先生のアフリカ歴の長さを感じてしまいました。
神戸先生、ありがとう。
神戸先生


今年は、9月と11月しかパシチガレ・ムビラズはカラバッシュで出来ませんでした。社会人4人のパシチガレは、4人のスケジュールを合わせるのが大変なんだ。
オーナーの熊澤さんが、「もっと多くのお客様に聞いてもらいたい。もったいない。ムビラの音楽の質はすごい。」と応援してくださるので、本当にありがたいです。
これから4人そろわなくても、毎月どこかでカラバッシュでムビラライブが行われているようにしたいね、と話しています。
カラバッシュで、エリカのムビラの紙芝居もいいでしょう~
パシチガレ・ムビラズのメンバーによるいろいろなパターンのムビラ演奏が聞けると思うので、今後もカラバッシュライブのスケジュールをチェックしていてください。

カラバッシュ、ライブあとのお食事が楽しみ。
この日もココナッツ風味のカレーにサラダ、ピラウと盛り沢山。
アフリカ料理を堪能しました。
カラバッシュまかない
プロフィール

pasichigare

Author:pasichigare
パシチガレ・ムビラズ
Pasichigare Mbiras
アフリカ南部ジンバブエ、ショナ族の民族楽器「ムビラ」の伝統(パシチガレ)を修行し 受け継ぐムビラバンド。天才ムビラ奏者・職人ガリカイ・ティリコティ」のDNAを受け継ぐショナ人トンデライ(マズィタテグル)、それぞれ世界を放浪した末にジンバブエでムビラに出会い、旅を終えた日本人のマサ(ムビラ・ジャカナカ)、スミ(マズィタテグル)、コーイチをメンバーとする。ムビラとは、その演奏によって祖先の霊を降ろすシャーマニズムの儀式に使われる聖なる楽器。日本人、ジンバブエ人双方のルーツを大事に、ムビラ音楽の中でともに踊り、歌い、無の境地に誘い 、魂(スピリット)を感じられる音楽を目指す。現在東京吉祥寺「アフリカ大陸」にてレギュラー出演中。

検索フォーム
QRコード
QR

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。